介護医療が抱える大きな問題点

医師から要介護と宣告されたときの選択

医師から要介護と宣告された場合、結局病院からも出され、介護施設にも入れず、となってしまうと自宅しかもう選択肢はありません。
自宅で治療を続け、医師の往診を受けながらひたすら寝たきりで耐える生活が待ち受けています。
その生活を支えていくのは家族の存在しかありません。
ただ自宅で介護生活をするには介護する側に相当な負担と覚悟が必要になります。
病院で看護師がしてくれていたことを自分がやらなくてはならないのです。
これは相当な労力と神経をすり減らす作業ですし、体力も持ちません。
それでも家族を放っておくわけには行かず、懸命に介護する日々が待ち受けています。
自宅介護とは相当な覚悟がないとやって行けないキツイものなのです。

介護生活には相当な障害が付きまとう

いざ介護生活に入ると毎日のように相当な障害が付きまといます。
まず介護を受ける側は病人なのでものすごくわがままですし、中には暴れたり奇声を発する患者もいるそうです。
脳の状態が良好では決してないので常人とは待ったく別物ですし、日常の行動がまず根本的に出来ませんので朝から晩までつきい沿うことを要求されます。
まずそこで気持ちが折れる人は折れてしまうでしょうし、それでもこの現状からは逃げられません。
そして身の回りの世話をすべて介助してあげなくてはいけませんので気の休まる時間がまったくありません。
家族が協力して交代で見ることが出来る家庭はまだましな方で、身寄りが配偶者しかいない家庭などはすべてが一人に降りかかってきます。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ