介護をする側から見て介護職は宅配が良いという理由

介護食は宅配をおすすめする理由

介護する側から言わせると介護食は宅配が良いといわれる理由

最近の医療技術の発達には目覚しいものがあり、昔は不治の病といわれた病気も現在では治る時代になりました。 しかしそのの背景で完治しないまま闘病生活をしなくてはならない要介護患者が現在では増加しています。 要介護になると他人の手を借りなくては生活できず介護人の不足もあいまって深刻な問題になっています。

介護医療が抱える大きな問題点

要介護と認定されてしまうと家族介護か介護業者による介護生活を送るかの選択に患者は迫られることになります。 しかし家族が介護を自宅でするのは相当な苦労と覚悟が必要になり介護業者に見てもらうにしてもお金の問題が付いて回り、更に介護職員の人手不足も重なり苦労することになります。

介護する側からすると介護食は宅配が良いという理由

介護生活の中で一番苦労することといえばなんといっても一日に三度の食事の世話です。 当然介護食を作ることになるのですが、何しろ相手は病人ですから栄養バランスや食べられるものも制限されます。 さらにそれを調理する労力は大変な苦労となります。 ですので介護食はプロに任せて宅配にした方が負担がものすごく違います。

最近の医療の進歩とそれによって増えた要介護

近年の医療技術の発達には目覚しいものがあり、一昔前なら不治の病といわれたものも現在では完治できるほどに進歩を遂げました。
しかしそれでも病気と闘わなくてはいけず、要介護と認定されてしまった介護患者の数も激増しているのが現在の現状です。
要介護と認定されてしまうと患者は自宅介護で生活を続けるか、介護施設への入所かを迫られることになります。
自宅かごは家族が面倒を見ることになり、その苦労たるや並大抵のの苦労ではなく、相当の覚悟を強いられます。
さらに介護施設にいたっては圧倒的な人手不足と入居者の多さでほとんどの施設が満員状態、入居待ちの状態が続いています。
さらに介護施設にかかるお金の問題もシビアで年金などではまかなえない金額がかかってしまい、金策に走る患者の家族も多いといいます。
そうなるとやはり自宅介護ということになるしかないのでしょうが、自宅介護には相当な労力と金額、そして心労がかかってきます。
そしてなんといったも自宅介護で一番労力を取られるのが毎日の食事の世話です。
一日三食の食事をそれも介護食で提供し続けるのは一般人には相当辛い作業です。
栄養のバランス、食べやすくやわらかく作り、それを自分では食べることが出来ない患者に食べさせるという作業は本当に神経を使いますし気力と体力が持たなくてはできる事では有りません。
そこで最近になって注目されているのが宅配業者に介護食を依頼するという方法です。
これなら介護する側の負担は相当に軽減されるはずです。
このサイトでは介護食を宅配にした方がよい理由について詳しく調べてみたいと思います。